幼児英語教育情報サイト

チャイルドホーム 様 オンライン英会話
1~5才の縦割りクラスでの活用

写真の説明を入れます
タイトル チャイルドホーム 様 オンライン英会話
1~5才の縦割りクラスでの活用
タグ

オンライン英会話 /幼保こども園 /

取材先ご芳名 チャイルドホーム
住所 東大阪市瓢箪山町2-11 井上ビル2F&3F
取材日時 2017-01-30
ご担当者名 園長先生
【和田】 全国の保育園・幼稚園・こども園などの経営や運営に携わる先生方に英語教育に関する情報をお届けする事を目的にしたコーナーです。
第一回目のインタビューは大阪府東大阪市のチャイルドホームの園長先生にご協力頂きました。
園長先生、ご協力ありがとうございます。今日は、チャイルドホームで行われている英語の取り組みについてお話しを聞かせて頂けますでしょうか。
先ずは子供たちの年齢層や保育の特長について教えて下さい。

【園長先生】 チャイルドホームでは0-6才までの子供達を一つのお部屋で合同保育しています。幼児さんが乳児さんの面倒を見、乳児も幼児の真似をしてたくさんの事を早く覚え行動に移していく傾向が見られます。

【和田】 英会話について、これまでにされたことのある取り組みを教えて下さい。

【園長先生】 以前にインドかパキスタン人の先生に来てもらっていました。週1回、30分間、1-6才児全員を対象に教えてもらっていました。
内容は、アルファベットの発音、単語やあいさつなどでした。
椅子に座ってのレッスンだったので、大きい子供は集中してできたのですが、小さい子達はあまり興味がなく、そのうちに立って動き出しました。30分は長いですね。
現在は、テレビを使った「オリーズの幼児オンライン英会話」をしています。

【和田】 オンライン英会話に馴染みがない方もいらっしゃると思いますが、園長先生は「オンライン英会話」を始める前からご存知でしたか?

【園長先生】 いえ、今回始めるにあたって初めて知りました。

【和田】 「オリーズの幼児オンライン英会話教室」について読者の皆さまに説明させてもらいますね。
園にあるテレビをインターネットに接続して、海外の外国人講師がテレビの中から教室に向けて行う1回15分レッスンの英会話教室です。

【園長先生】 子供が集中できる時間は20分が限界だと感じるので、もう少しできると感じるところで終わります。

【和田】 なるほど。まだ余力が残っているのですね。「またしたい、もっと」と期待を残して終わる訳ですね。
忙しいスケジュールの中、どの時間帯に実施されていますか?

【園長先生】 最初の頃は、昼食の直前にしていましたが、今は、おやつが終わった後、3時45分から4時まで行っています。
その後は自由遊びの時間なのでバタバタせずにスムーズに運ぶ事ができています。

【和田】 レッスンの内容としてはテレビ番組のように進んで行き、先生というより子供番組のお姉さんという印象ですが、テレビ番組やビデオを見せるのと違いはありますか?

【園長先生】 子供達は普段テレビ番組やビデオはじっと一方通行で見ます。
「オリーズの幼児オンライン英会話」レッスンの時は、先生はテレビ画面の中ですが、まるで実際に教室に居るかのように感じていると思います。
一度実際に園に会いに来てもらいました。いつもテレビの中にいる先生と実際に会っても子供達は違和感なく受け入れていました。
英語のレッスンをいつも楽しみにしていて「今日英語ある?」と聞いてきます。
園のブログで紹介した事がありますが、保護者からも「楽しみにしている」「楽しそう」という声を頂きました。

【和田】 どんな内容が人気ですか?

【園長先生】 大きい子達は全ての内容が好きみたいですが、小さい子はダンスが好きで、リズムに乗ってする内容は全年齢に人気です。
レッスンの時間以外でもやっている時がありますね。

【和田】 ダンスを1-2才児も覚えて踊れていましたね。驚きました。
一人ひとりと個別に会話練習をする場面がありますが、まだお話ができない1,2才児も年長児が助けて参加していましたね。とても微笑ましく思いました。

【園長先生】 合同でいつも保育をしていることの成果が表れているように思います。大きい子は小さい子のお世話をするようにレッスン中も促しています。

【和田】 見せて頂いて、レッスンの受講の仕方に縦型保育ならではの特長があるなと感じました。 無理強いする事なく、子供達の自発的な参加と互助でレッスンが進められ、それぞれの年齢や発達に応じた学びがあり、それぞれが何かを吸収していました。
年長児の男の子が七夕の短冊に「英語が上手になりますように」と書いていたそうですね。英語を始めて「英語が好きになった」という声も聞きました。
チャイルドホームなごみ園の子供達が外国人の先生と違和感なく触れ合えて友達になっている様子を見て、こういう小さな経験が彼らの器を大きくしていくのだろうなと感じました。
子供達にたくさんの経験を積み上げる機会を作ってあげられるチャイルドホームなごみ園が素敵だなと感じました。取材にご協力頂きありがとうございました。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP